FLR40とLED直管蛍光灯の消費電力の比較実験|あかりNavi

FLR40とLED直管蛍光灯の消費電力の比較実験|あかりNavi

LED蛍光灯の消費電力を比較検証!電気代の削減効果とは

従来蛍光灯とLED蛍光灯の消費電力は本当に削減されているのか実験してみました。

LED蛍光灯の最大の特徴は低消費電力です。従来蛍光灯のFLR40に比べ消費電力低いため電気代が安くなります。使っている照明によって効果は異なりますが白熱電球の場合は1/10、蛍光灯では1/2の消費電力と言われていますが実際にはどれくらい消費電力が下がるのかを蛍光灯で実験しました。

下記写真のLEDはフィリップスの40形蛍光灯で1本あたりのカタログに表記されているスペックは19Wとなっています。実験はFHF32蛍光灯とFLR40蛍光灯のランプに逆富士2灯式の器具の組み合わせで比較しました。

LED蛍光灯の消費電力を比較!!


フィリップスLED TUBE

FHF32EX-N

FLR40SEX-N

 

 

36.8W

 

 

68.6W

 

 

98.4W

※ランプスペックや安定器、電源電圧によって消費電力に差が生じます。


(左)LED蛍光灯の消費電力は2本で36.8W(1本あたり18.4W)
(中)FHF32の消費電力は2本で68.6W(1本あたり34.3W) 
(右)FLR40の消費電力は2本で98.4W(1本あたり49.2W)

測定結果は参考値はありますが結果はなんとFLR40と比べ63%もの消費電力が下がりました。FHF32にしても47%消費電力が下がっています。

従来の蛍光灯にはグロースターター(FL)、ラピッドスタート(FLR)、インバーター(hf)の3種類がありますが特にグロー、ラピッドの場合は消費電力の下がり幅が大きいことが分かります。インバーター式はもともと省エネ効果の高い蛍光灯のため、グロー、ラピッドほど消費電力はさがりませんが、それでも約50%もの省エネになることがわかりました。

従来の蛍光灯はランプの消費電力に加え安定器も電力を消費しています。安定器には電子安定器と磁気式の安定器がるのですがいずれも3W〜5Wは電力を消費しています。

このように消費電力が下がるということは電気代が節約できるということになります。実験のようにLED蛍光灯にすることで60%以上消費電力を下がると電気代は1か月あたりどの程度安くすることができるのでしょうか。


LED蛍光灯の電気代を算出


電気代は点灯時間×消費電力×電気料金単価で出すことができます。

(計算条件)
 蛍光灯:100本
 点灯時間:250時間/月
 電気単価:22円(従量電灯)

FLR40蛍光灯の電気代・・・ 49.2W×100本×250時間×0.022円=27,060円

FHF32蛍光灯の電気代・・・ 34.3W×100本×250時間×0.022円=18,865円

LED蛍光灯の電気代・・・  18.4W×100本×250時間×0.022円=10,120円


FLR40蛍光灯との差額は、なんと! 16,940円も電気代が安くなります。

FHF蛍光灯はFLR蛍光灯ほど削減効果はありませんがFHF蛍光灯には隠された使い方がります。

FHF蛍光灯を使用している場合は蛍光灯の器具の品番を確認して下さい。

FHF蛍光灯は高出力で点灯させる器具と省エネで点灯させる器具、また両方をスイッチで切り替えできる器具が存在します。高出力と省エネの違いは明るさと消費電力です。

高出力で点灯させる器具を使用している場合はFLRと同じくらいの消費電力がかかりますが省エネ器具の場合は上記の写真のように34Wほどです。もし高出力器具を使用している場合はLED化をすることで消費電力の削減効果は大きくなります。ただし注意しなければいけないのは明るさです。

明るくするために高出力点灯しているのでLEDにすることで今までより暗い印象になってしまう可能性もあるので注意して下さい。蛍光灯によって消費電力の削減効果は違いますが今後LEDのスペックがさらに向上していけば70%や80%ダウンするのではないでしょうか。


まとめ

蛍光灯のLED化で電気代の削減効果が大きいことがわかりました。これだけの電気代が削減できればLEDに掛かるコストは使用条件によって違いますが短期間で回収できるといえます。
オフィスや工場など電気代を削減するにはまず現状を把握することですが素人には困難な場合も多いためLEDの専門業者に相談するのが良いでしょう。LED専門業者は電気代やLED導入費用のシュミレーションを無料で行ってくれますので、ますはご相談してみましょう。





あかりNavi厳選おすすめLED蛍光灯

Amazonや楽天でも売上ランキングの高い人気のメーカーのLEDです。価格も安価なものを厳選しているので参考にしてみてください。

40形直管蛍光灯

ダミーグローが付属されているのでグロー式器具の場合は工事不要でも交換が可能です。片側配線、両側配線どちらでも可能。両側配線をしておけばランプの挿入方向はどちらでも問題ありません。片側配線のメリットは施工的に時間短縮になることです。ラピッド・インバーターはバイパス工事が必要です。価格、スペック的・施工など総合評価はでは最もおススメできる商品になります。
by カエレバ

色温度が4000kのため白色だがメーカー品でここまでの価格はかなりお得だと思います。白色でも従来のランプと色味の大きな違いはないのではと思います。気になるのは全ひかり束が1500ルーメンなので、やや明るさが弱いことです。省エネとコスト優先でLED化をするのであればおススメの商品です。※GEライティイング社は白熱電球を発明したエジソンが創業者で歴史も古く老舗ランプメーカーです。アメリカの会社なので日本ではあまり馴染みがないかもしれません。
by カエレバ


40形直管蛍光灯(工事不要タイプ)

下記の商品はパナソニック製のインバーター器具1灯用、2灯用、グロー式が工事不要で対応できる商品と記載してあります。それ以外の器具(ラピッドスタート、インバーター)は直結工事が必要ですので電気工事店にご相談ください。 ※商品の詳細は下記をクリックしてください。
by カエレバ

次に下記商品ですがグロー式なら工事不要。グローのないタイプは工事が必要(両側片ピン印加方式)と記載されていますのでラピッド、インバーター式ではバイパス工事が必要な蛍光灯になります。(工事の際は工事店にご相談下してさい)※商品詳細は下記をクリックし確認をしてください。
by カエレバ

下記の商品はインバータ専用の工事不要タイプです。安定器の対応蛍光灯がHF32〜とあるものが対象(日立製適合しない) と記載があります。グロー式、ラピッド式、日立製には対応しないので対応する商品にしましょう。(この場合バイパス工事でも対応しないという意味です。工事の際は工事店にご相談下さい)※商品詳細は下記をクリックして確認下さい。
by カエレバ

おすすめ20形LED蛍光灯








トップページへ戻る




このエントリーをはてなブックマークに追加  
Sponsored Link
Sponsored Link



LED専門会社・工事業者が見つかる!!
全国対応・無料見積り・一括比較で選ぶことができます。



安い電力会社を一括で比較


HOME サイトのご案内 優良業者のご紹介 お問い合わせ